ネットワークのイメージ

光回線の法人契約にはメリットがあることも!

光回線を利用するためには契約を結ぶ必要がありますが、個人契約のほかに法人契約があります。
これは、店舗や事務所など、法人が光回線を利用する際に結ぶ契約です。
法人契約にはメリットがあることも多いです。
光回線を提供している事業者はフレッツ光とauひかりですが、どちらにも法人契約プランが用意されています。
ただし、auひかりについては新規での受付を停止しているため、新たに申し込むことはできません。
ソフトバンクはNTTドコモとauと合わせて携帯電話の大手キャリアですが、こちらは固定回線の事業は行っていませんので、選択肢はこの2つということになります。
また、NURO光にも法人プランが用意されているので、さまざまなITの業務に活用することができます。
NURO光の利用可能地域やエリアは限定されているので、興味がある方はNURO光について検索してみましょう。

フレッツ光は、NTT東西が提供していてエリアの広さが魅力です。
こちらの法人契約のメリットの一つは、24時間出張修理サービスを利用することができることです。
こちらはオプションで、料金は3000円ですが、契約をすると24時間いつでも対応してもらうことができます。
事業を行ううえでトラブルが起きた場合、すぐに対処しないと収益の低下をもたらしてしまいますが、24時間対応してもらうのであればすぐに復旧ができて頼もしいといえるでしょう。

また、ひかり電話の場合、同事業社内間の電話は無料になる契約もあります。
通話料金も格安であり、全国一律3分で8円です。
ビジネスでは電話をかけることが多いため、通話料金を大幅に抑えられることは通信コストを抑えることになるため、非常に有益です。
その他に様々なオプションが用意されているため、環境に合わせて使うことができるのも良いといえるでしょう。

フレッツ光はNTTの光回線サービスですが、利用するためにはプロバイダとも契約をしなくてはなりません。
これは手続き面で面倒である、支払管理が煩雑になるなどのデメリットがありました。
しかし、光コラボの導入によって、プロバイダがNTTから光回線を借り受けてサービスを提供する形態も登場しています。
光コラボの場合、業者が独自に料金設定をすることができるため、業者を比較して選ぶことで料金を抑えられるところを選ぶこともできます。

光コラボを利用すると料金を抑えられるのがおすすめできる点です。
しかも、回線はNTTの物を利用しているため、料金を抑えられるからといって通信の品質が低下するということはないので安心できます。
光コラボはおすすめできますが、それぞれの業者が特徴的なサービスを用意しているため、選ぶ際には比較をして検討し、利用環境にピッタリな業者を選ぶと良いでしょう。