ネットワークのイメージ

光回線についてのおさらいをする

光回線は光ケーブルを使ったブロードバンド回線のことを指します。
光回線はガラスやプラスチック製の直径約3ミリの細いケーブルに光を通して情報の伝達を行う構造になっています。
電話線を使ったISDNやADSLに比較して信号の減衰も少なくしかもノイズに強いという特徴を持ちます。
全国的に光回線が敷設され、以前は接続工事は申し込みを行ってから約3ヶ月かかっていたものが最近では約2週間以内で可能になって来ています。

光回線はNTTの局から離れた距離にあっても安定した速度を確保でき、上り下り共最大で100Mbpsを確保できると言われています。
従って常時大容量の通信が可能となり動画の視聴やダウンロード、ゲームなども快適に楽しむことができるようになっています。
オプションとして光電話も使用可能で固定電話に比較して割安料金で利用できると言われています。

光回線の業者は回線を提供していてNTT東日本・西日本とかauひかり、NURO、ソフトバンクその他が知られています。
回線を接続する業者はプロバイダーと呼ばれ、回線速度や月額料金もそれぞれに違い、地域に適したところを選ぶことが出来るようになっています。

どこを選んだら良いかおさらいしておきますと、光回線はNTTなどの事業者が工事を行いこれを利用したインターネット接続は光インターネットと呼ばれています。
固定電話や携帯電話のネットワークに比較して大容量の情報を高速でやり取り出来ます。

携帯電話を利用したインターネットサービスは以前は速度が遅くて価格が高い問題もありましたが、最近は回線速度も向上して来ています。
大容量のデータをやり取りするには転送量の制限がかかったり契約の内容によっては追加料金を必要とする場合もあるとされています。
最近は価格は安く抑えられるようになって来ていますが利用環境によっておすすめの格安料金で使えるものもありますので検討して選ぶことも可能です。

おさらいとしては最初に光回線かそれとも携帯電話を使ったネット接続かという2種類の選び方から選択することが出来ます。
単にサイトの閲覧程度なら携帯電話でも済むものですが、動画の視聴や音楽のダウンロードなどを利用する場合は光回線を利用するのが適しているとも言えます。

そして光回線だけではインターネットを利用できません。
接続業者であるプロバイダと契約することが不可欠であり、選び方としては光回線業者を選んでからプロバイダを選ぶという順序になります。
サイトにおいてはおすすめのサービスとしてまとめられるところもありこれを参考にすることが出来ます。