ネットワークのイメージ

NTTのフレッツ光の場合には法人向けがあるので、法人でも契約することが可能になっています。
法人が契約を行う場合には通常の個人向けではなく法人向けで契約を進めることになります。
法人向けの契約の場合だと特別な書類を用意する必要などがあり、個人の申し込みとは大きく異なります。
NTTのフレッツ光では個人と法人で速度や安定性などに違いがなく、どちらも同じ光ファイバーを使うことになるので、基本的な性能や速度などはほとんど変わりません。

法人で光回線を契約する際にはセキュリティ対応エリア通信の品質などを重視することが多いです。
NTTのフレッツ光は国内最大の光回線でセキュリティが頑丈で、対応エリアが広く通信速度や安定性なども高いことから選ばれやすい光回線です。
安心して使えるという理由からも選ばれています。
NTTのフレッツ光は国内最大級の光回線ということもあり信頼性が高く多くの法人で使用されています。

光コラボも法人で契約可能

光コラボでも法人に対応していれば契約することが可能です。
ただし法人向けにサービスを提供していない光コラボの場合だと申し込みは行えません。
光コラボだとv6プラスなどの通信速度を向上させられるオプションが多いことから、速度を重視する法人に使われている事が多いです。
また光コラボでは法人名義での支払いに対応していて、口座引き落としや請求書払いなどの支払い方法で支払いが行えます。

光コラボでは契約するサービスによっては有料のオプションに加入することで、メールアドレスが取得できたりセキュリティソフトが使えたりなどの、ビジネスに活用できるオプションが多いので法人でも使われやすい光回線です。
NTTの通信設備や回線網を借りることで、フレッツ光と変わらない速度や安定性やセキュリティなどを実現している他、光コラボ独自のサービスやオプションが使えることなどのメリットがあります。
個人と法人で使っている光回線はほとんど同じで、速度や使用している光ファイバーなども同じで、違うのは申し込みの方法や使える機能などです。

法人が使っている光回線の多くはNTTのフレッツ光で、通信速度とセキュリティが安定していてサポートなども良いという理由で選ばれやすい光回線です。
光コラボも法人での利用は多く請求書や領収書が発行されることや、v6プラスへの加入やメールアドレスの取得などの利用などの独自のサービスが利用可能などのメリットも多いです。

光回線の利用における個人と法人の違いは?

個人向けの光回線と法人向けの光回線の機能性での違いは固定IPアドレスが使えるかです。
固定IPアドレスは基本的に個人向けの光回線では使用できませんが、法人向けの光回線だと多くの場合に使用できます。
根本的な仕組みは個人向けと法人向けのどちらでも同じで、違うのは固定IPアドレスが使えるかの違いだけです。

インターネットが世界中で使われるようになってから、発行されるIPアドレスの数も増えていて、IPアドレスが足りなくなっています。
そのため個人で光回線を契約した場合には、ユーザーがプロバイダに接続するたびに、新しいIPアドレスを割り当てるという方法で対処しています。
プロバイダへ接続しなおすことで毎回IPアドレスが変更されてしまいますが、個人でインターネットを利用する範囲であればIPアドレスが変わってしまっても問題はありません。

個人の場合

個人の場合だと自宅にサーバーを設置してウェブサイトやブログなどを運営することはまずありません。
多くの場合にはインターネットブラウジングや動画の視聴などの用途なので、IPアドレスが変更されてもインターネット接続では特に問題や不具合は起こりません。
万が一個人でウェブサイトやブログを運営することになっても、レンタルサーバーやインターネット上の無料ブログサービスなどを使うことになります。
自宅にサーバーを設置する必要がないので、IPアドレスの重要性はそこまで高くありません。

法人の場合

法人の場合だと自社にサーバーを設置して、ウェブサイトやブログなどを運営していた場合に、IPアドレスが変更されてしまうとウェブサイトやブログへアクセスできなくなってしまいます。
IPアドレスが変わることにより法人が運営しているウェブサイトやブログへ、アクセスできなくなってしまう事を回避するために、固定IPアドレスが使える様な仕組みになっています。

法人がウェブサイトやブログを運営している場合の固定IPアドレスの重要性はとても高く、頻繁にIPアドレスが変わると。
ネットワークの判別が行えなくなってしまいます。
重要性が非常に高い固定IPアドレスが使用出来るようになっているというのが法人向けの光回線と個人向けの光回線の最も大きな違いです。
そのため法人向けの光回線では、自社サーバーでウェブサイトやブログを運営している場合でも、問題が無いようにプロバイダへ接続しなおしてもIPアドレスが変更されない仕組みを採用しています。